相撲大好き野郎の私生活

大相撲春場所開始!稀勢の里がいつの間にか人気者に

相撲
大相撲春場所が始まりました。モンゴル出身の白鵬関、日馬富士関、鶴竜関と今場所から横綱に昇進した稀勢の里関が加わったことで四横綱時代が始まりました。1999年から2000年にかけて貴乃花関、曙関、若乃花関、武蔵丸関が活躍した四横綱以来17年ぶりのことだそうです。

 

何よりも若乃花関以来の日本出身力士の横綱が誕生したことで日本中が盛り上がったことでさらに相撲人気が高まっているのを感じています。稀勢の里関は気がつけばいつの間にか人気者。

 

大関時代に何度も優勝を逃してきたときはそれほどスポットは当たっていませんでしたが、横綱昇進の時にワイドショーなどで稀勢の里関のエピソードがたくさん紹介されたり、土俵入りがテレビ中継されたことでますます知名度がアップしたように思います。

 

今場所も初日から注目が集まっていたように思います。四人もの横綱の土俵入りは盛り上がりましたし、稀勢の里関の取り組みは歓声が上がっていました。決して派手ではないし、表情一つ変えない人ですが優勝したこと、横綱に昇進したことで有頂天になるような関取ではないはずです。

 

今場所も真面目で真っ直ぐな相撲を取ってもらいたいと期待しています。その他、注目している力士は遠藤関。スピード出世で注目されましたが、ケガもありなかなか勝ち越せない場所もありますがじっくり見守っていきたいです。今場所は前頭5枚目。初日勝って、インタビューでは「いい準備が出来た」と答えていたので一つでも多く勝ってもらいたいものです。

 

いよいよ春がやってきました!車で花見に出かける季節です